POWER OF RADIANCE | Clé de Peau Beauté

クレ・ド・ポー ボーテがグローバルチャリティプログラム
「パワー・オブ・ラディアンス・アワード 2020」の
第2回受賞者を発表

資生堂のグローバルラグジュアリーブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」は、教育を通じた少女たちの社会的地位向上、女性のエンパワーメントを目的としたグローバルチャリティプログラム、「パワー・オブ・ラディアンス・アワード」の2020年受賞者を2020年3月9日(月)に発表しました。本アワードは、毎年女性の教育に貢献した女性を表彰し、寄付金*1を通じて活動をサポートしていくものです。

  1. パワー・オブ・ラディアンスの寄付金は、クレ・ド・ポー ボーテのベストセラー商品「ル・セラム」のグローバルの売上から拠出されます。寄付金は、受賞者が選定する女性の教育推進のために活動する慈善団体へ寄付されます。

第2回となる2020年は、科学、技術、工学、技術(STEM*2)の分野において少女たちの教育とエンパワーメントに目覚ましい貢献を果たしているネパール人女性のビニタ・シュレスタさんとプラティクシャ・パンディさんを選出しました。

WiSTEM Nepal*3(Women in STEM Nepal)の共同創設者であるビニタ・シュレスタさんとプラティクシャ・パンディさんは、ネパールの少女と若い女性が科学と技術の道に進めるよう支援するSTEM教育と多様化プロジェクトにおいて、主導的役割を果たしていることで高く評価されています。

  1. Science, Technology, Engineering and Mathematics
  2. WiSTEM Nepalは、2016年にシュレスタさんとパンディさんを含む5名の共同創設者により設立された団体であり、ネパールに住む10歳から25歳までの少女と若い女性を対象に、計算論的思考力、論理的思考力、知力開発、問題解決能力を促進させることを目的として、女性の教育とエンパワーメントに取り組む。WiSTEM Nepalでは、これまでに370人の少女と若い女性 がSTEMの素晴らしい世界について学び、平等な世界に生きる権利を主張できる自信を身に付けています。

受賞者

プラティクシャ・パンディ

受賞者

ビニタ・シュレスタ

イベント概要

2020年度のパワー・オブ・ラディアンス・アワードはオンラインイベントとして開催されました。

本イベントでは、タレント、女優のホラン千秋さんをホストに迎え、受賞者であるシュレスタさんとパンディさんと共に、モデル、女優で人道支援活動家のトニー・ガーンさん、起業家でデジタル・コンテンツ・クリエイターのクリセル・リムさん、モデルでビューティ・コンテスト受賞者、NASAデータ飛行士、Space Apps DCのディレクターのフィヌーラ・オリリーさん等、各国から著名なスピーカーたちがオンラインで参加し、教育が少女たちのエンパワーメントにどのような役割を担うのか、それぞれの経験と思いを共有しました。

「STEM教育は、21世紀には必要なスキルだと思います」シュレスタさんはこう話します。「STEMの分野の知識があれば、少女たちは仕事を得られ、地域社会とのつながりを持ち、経済的に自立する可能性が広がります。クレ・ド・ポー ボーテのパワー・オブ・ラディアンス・アワードのおかげで、私たちはネパールの教育システムを向上させる活動をさらに推進し、STEM教育における男女差別を取り払う活動を続けることができました。」

パンディさんは次のようにコメントしています。「クレ・ド・ポー ボーテのパワー・オブ・ラディアンス・アワードは、ネパールの少女と女性たちをエンパワーするという私たちの活動を継続する後押しをしてくれました。WiSTEM Nepalの立ち上げ時には、資金的にも活動が限られていました。このアワードを受賞し、ネパールの経済的に恵まれていない地域の少女たちにも、STEM教育を普及させるための活動を進めることができ嬉しく思います。」

クレ・ド・ポー ボーテのチーフブランドオフィサーである鈴木ゆかりは、次のように述べました。「このイベントによって、シュレスタさんとパンディさん、そして登壇頂いたスピーカーの皆さんそれぞれの思いや、教育を通じて少女たちをエンパワーするという私たちの活動により多くの方が賛同してくださることを願っています。」

クレ・ド・ポー ボーテ2020年度パワー・オブ・ラディアンス・アワードのイベント動画はこちらよりご覧いただけます。

受賞者

プラティクシャ・パンディ

受賞者

プラティクシャ・パンディ

パンディさんは自身のキャリアとして、ジェンダーに基づく固定的な役割意識の解消に尽力し、少女たちが自身の望む分野の教育を教室の最前列で堂々と受け、知識を得られるような環境づくりに取り組んでいます。また、WiSTEM Nepalを通じ、次世代の少女がSTEM分野でキャリアを築けるよう、プログラミング、電子工学やデザインなどのワークショップを開催しています。

受賞者

ビニタ・シュレスタ

受賞者

ビニタ・シュレスタ

ITエンジニアで教育者でもあるシュレスタさんは、成長分野であるICT(情報通信技術)を、専攻分野やキャリア構築の道として若い女性に考えてもらうため、WiSTEM Nepal、ユニセフ、ネパール電気通信局(NTA)と取り組んだグローバルムーブメント「#InternationalGirlsinICT」や、子どものためのオンラインセーフティキャンペーン「#Net4Good」などに代表されるように、いくつもの社会貢献事業を統括して成功させています。

ミニショッピングバッグ

0 点

小計 0円(税込)