クレ・ド・ポー ボーテ研究所
リンパ管研究

リンパ管研究の歴史

これまでの化粧品研究の常識を覆す、
全く新しい発想の研究

2003

紫外線により皮膚のリンパ管が
ダメージを受け、
しわの形成につながることを
CBRC*との共同研究で解明

*ハーバード医科大学とマサチューセッツ総合病院が資生堂のサポートで設立した
皮膚科学領域の
先進的な研究開発をする総合研究所

2006

リンパ管の機能低下が
皮膚の老化に
関連していることを発見

2008

紫外線によりリンパ管の機能が
低下することを発見

2014

紫外線や老化により
リンパ管の機能が低下し
老廃物の漏れに繋がることを発見

2017-2020

新知見

皮膚のリンパ管の3D可視化に成功
リンパ管の老化メカニズム解明

ゴーストリンパ管の発見

老廃物を排出するリンパ管が、
加齢によって消滅していたことを
発見しました。
つまり「ゴーストリンパ管」の発見です。

ゴーストリンパ管

正常なリンパ管

リンパ管へ働きかける
成分を探求

桑の根抽出液がゴーストリンパ管の発生を
抑え、
桂皮抽出液と踊花抽出液が
リンパ管を修復することを発見しました。

(イメージ)
桑の根抽出液

(イメージ)
踊花抽出液

(イメージ)
桂皮抽出液

上記成分による
デトックス&クリエイト力
アップ効果

デトックス&クリエイト機能
が良好な肌と低下した肌

私たち人の肌にもデトックス&クリエイト機能が備わっており、
肌内部がデトックスされることで、美しい肌がクリエイトされます。
その相関関係は、デトックスに関わる老廃物とクリエイトに関わる表皮幹細胞によって示すことができます。
デトックス&クリエイト機能が働いている肌では、
老廃物が少なく、表皮幹細胞は多く保たれ、新たな表皮細胞を生み出すことができます。
反対にデトックス&クリエイト機能が働きにくい肌では、
老廃物が多く、表皮幹細胞が維持されにくく、新しい表皮細胞を生み出すことができません。

デトックス&クリエイト機能が低下した肌

デトックス&クリエイト機能が良好な肌

ミニショッピングバッグ

0 点

小計 0円(税込)