COLLECTION RÊVE DE KIMONO

Craftsmanship
妥協なき精神の
コラボレーション

ホリデーのKIMONOは、「摺型友禅」と呼ばれる貴重な染めの技法で制作されています。摺型友禅は、ひとつの色の濃淡を表現するために型紙を彫り分け、色を擦り重ねることによって奥行きをつくり出していきます。柄は、
伝統的な小袖やアジア・ヨーロッパから伝わった文様などさまざまなインスピレーションを得て図案化したもので、大胆でありながら繊細な
趣きがあります。

株式会社 多ち花
株式会社 多ち花
大竹彩奈
大竹彩奈

株式会社 多ち花

京都における着物産業の次代の
担い手が集まる「きものアルチザン京都」。
そのなかでも摺型友禅の技法で着物づくりを追求する「株式会社 多ち花」とクレ・ド・ポーボーテがコラボレーションし、ホリデー限定品が実現しました。
厳密なクラフトマンシップと、伝統を継承しながらもモダンで新しい
チャレンジに挑み続ける双方の姿勢が、今回の限定品に生かされています。

クレ・ド・ポー ボーテの妥協なき精神を象徴するクラフトマンシップから、夢は始まりました。ホリデーテーマの着物は、「摺型友禅」と呼ばれる貴重な染めの技法で制作されています。「PASSION」の外装に使われた赤い着物の地色は、ルージュアレーブルカシミア 512 に限りなく近い色を再現し、花の色もルージュアレーブルn 511 に合わせて染められたオリジナルです。

摺型友禅は、ひとつの色の濃淡を表現するために型紙を彫り分け、色を擦り重ねることによって奥行きをつくり出していく染めの技法です。「PASSION」の赤い着物の型染めに用いられた型紙は34 枚。柄1つを完成させるだけに17枚の型紙が必要です。

デジタル印刷が溢れる時代に、ひとつひとつの濃淡が職人の手によって表現されていきます。伝統技が生み出す着物の醍醐味です。

一色につき多段階の濃淡を摺り重ねることで奥行があり深みのある表現が誕生します。クレ・ド・ポー ボーテのホリデー限定品に合わせて「PASSION」着物柄の配色選定が行われました。

天然の糊で保護された柄の上に、刷毛が重なっていきます。

着物をつくるということは、自然に従うこと。毎度一定した乾燥工程を行うため、季節によっては温風機などを使いながら、一年中一定の温度を保った環境の下で自然乾燥を行います。仕上がりも自然任せ。どれ一つとして同じ色にはなりません。

大竹彩奈

大竹は、1981年埼玉県生まれ。幼少の頃より姉が日本舞踊を習っており、両親も茶道を習っていたため着物や日本の伝統文化を身近に感じながら育ちました。2007年東京藝術大学美術学部日本画科を卒業。アートフェアや都内のギャラリー、百貨店などで自身の作品発表を続け、装丁やパッケージデザイン等も手がけています。

協力会社

きものアルチザン京都
株式会社 多ち花
工芸染匠 成謙
株式会社 和小物さくら
仕立の店 藤工房
浅見株式会社
紫紘株式会社

有限会社 帯屋捨松
株式会社 北織
となみ織物株式会社
西村織物株式会社
銀座 はんなり

総合コーディネーター
林克己 株式会社 SACRA

FOLLOW US

instagram facebook youtube
FOLLOW
instagram facebook youtube

ミニショッピングバッグ

0 点

小計 0円(税込)